二つの公務員試験講座

公務員試験の社会人講座には、大きくわけて2種類があります。一つは通信での社会人講座、もう一つは通学での社会人講座です。
通信講座は受講申し込み後に料金を支払い、届いた教材を使用して学習を進めていく方法、通学講座は受講申し込み後に料金を支払い、学校に通って学習を進めていく方法です。どちらのほうが良い、悪いというのは個人の暮らしぶりなどによって合う、合わないがありますので、一概にはいえません。ただ、通信講座と通学講座には、共通のメリットがあります。

公務員試験の社会人講座は、通信講座も通学講座も試験のポイントを押さえた学習を進めていくことが可能です。これにより、独学の場合と比べて少ない勉強量で、大きな学習効果を得ることができます。

独学ではお金をあまりかけずにマイペースで学習できるメリットはありますが、最悪の場合、たくさんの時間を費やして必死に受験勉強をしていても、出題されないことばかり覚えているという問題が起こり得ます。努力が無駄になってしまい、公務員試験を突破することができないということになりかねません。
通信講座と通学講座では独学より勉強量が少ないということは時間の節約にもなり、この点は仕事で忙しく過ごしているなかで公務員試験対策をする社会人にとって嬉しいことではないでしょうか。

当サイトでは、より詳しく通信講座と通学講座の特徴を解説します。また、公務員試験の社会人講座の選び方に関する情報も提供しますので、興味のある方はチェックしてみてください。