社会人向け通信講座

社会人を対象とした公務員試験の通信講座は、通学講座と比較して安上がりになるケースが多いこと、マイペースで学習を進めていけること、通学のための時間を確保しなくていいこと、近くに学校がなくても質の高い学習が行なえることが主なメリットとしてあげられます。

これに対し、通信講座のデメリットとしては、孤独な戦いになりやすいことがあげられます。わからないところが出てきた場合、誰にも聞くことができずに挫折してしまうという問題が起こり得ます。
また、マイペースで進めていくことは可能ですが、計画を立ててサボることがないようにしないと、十分な受験対策ができません。自己管理が甘いタイプの人は、通学講座のほうが向いているといえるでしょう。

こうしたデメリットのうち、誰も不明点を相談することができる人がいないという問題は、解決することが可能です。通信講座を行なっている学校のなかには、受講者の質問に応じているところが多いです。

わからないところが出てきた場合にはメールやファックスなどの方法で質問し、回答を受けることができます。これによりわからないところをわからないままにしておくことがなくなり、弱点を少なくしていくことが可能です。