一社・一校で決めない

実際に探してみるとわかりますが、公務員試験の社会人講座を扱っている学校は多数あります。どこか一ヶ所の情報だけを見て受講を決めるという方法はおすすめできません。たまたま自分に合っているところであれば良いのですが、そうではないこともあるためです。どこの講座も同じというわけではないため、注意が必要です。

具体的には、受講にかかる金額は各社で違いがありますし、講座の内容も学校の数だけ違いがあります。合格実績の豊富さ、先生の質も学校によって異なります。面接や小論文対策の有無、通信講座の場合は質問回数の制限や質問料金の有無、通学講座の場合は欠席時のフォローの有無など、多くの要素が学校によって違っています。

上記のことから、通信講座や通学講座を受講するにあたって、各校の比較検討を行なうことが大切です。学校のウェブサイトを見て比較を行なうのも悪くありませんが、より詳しく情報を収集するためには資料請求を行なったり、体験受講に参加したりすることをおすすめします。

資料請求や体験入学に費用がかかるということはまずありませんので、気軽に請求、参加してみると良いでしょう。その結果、ベストと思ったところに通うことが、最後まで学習を継続し、合格を勝ち取ることにつながります。

社会人向け通学講座

通学での社会人講座を受講する方法は、学校に行くということで勉強する環境に身を置いて集中しやすい、先生や生徒に公務員試験に関する不明点を質問したり、情報を共有したりしやすいのが主なメリットです。

一方、公務員試験の通学講座は通信講座と比較して料金が割高になることが多い、近くに学校がないと通えない、通学のための時間を確保しなければいけないという点がデメリットとしてあげられます。社会人の方が一番気になるのは、最後の通学のための時間を確保しなければいけないということではないでしょうか。

この点に関してですが、通学講座を扱っている学校次第では解決することが可能です。
社会人の場合、仕事の都合でどうしても学校に行けない日が出てきますが、振替出席、講義の音声ファイル、DVD、WEB講義などで欠席した分をカバーすることが可能な学校があります。これなら通学に行けない日が多くなる時期があっても、後れをとってしまうことなく公務員試験の学習を進めていくことができます。

また、音声ファイルがあれば通勤や休憩時間などのちょっとした空き時間を学習のために有効活用することが可能です。そのほか、各地に校舎をかまえている学校のなかにはどこで受講しても良いことになっているところもあり、出張などで別の地域に行ったときもその地域のある後者で受講することが可能です。

社会人向け通信講座

社会人を対象とした公務員試験の通信講座は、通学講座と比較して安上がりになるケースが多いこと、マイペースで学習を進めていけること、通学のための時間を確保しなくていいこと、近くに学校がなくても質の高い学習が行なえることが主なメリットとしてあげられます。

これに対し、通信講座のデメリットとしては、孤独な戦いになりやすいことがあげられます。わからないところが出てきた場合、誰にも聞くことができずに挫折してしまうという問題が起こり得ます。
また、マイペースで進めていくことは可能ですが、計画を立ててサボることがないようにしないと、十分な受験対策ができません。自己管理が甘いタイプの人は、通学講座のほうが向いているといえるでしょう。

こうしたデメリットのうち、誰も不明点を相談することができる人がいないという問題は、解決することが可能です。通信講座を行なっている学校のなかには、受講者の質問に応じているところが多いです。

わからないところが出てきた場合にはメールやファックスなどの方法で質問し、回答を受けることができます。これによりわからないところをわからないままにしておくことがなくなり、弱点を少なくしていくことが可能です。

二つの公務員試験講座

公務員試験の社会人講座には、大きくわけて2種類があります。一つは通信での社会人講座、もう一つは通学での社会人講座です。
通信講座は受講申し込み後に料金を支払い、届いた教材を使用して学習を進めていく方法、通学講座は受講申し込み後に料金を支払い、学校に通って学習を進めていく方法です。どちらのほうが良い、悪いというのは個人の暮らしぶりなどによって合う、合わないがありますので、一概にはいえません。ただ、通信講座と通学講座には、共通のメリットがあります。

公務員試験の社会人講座は、通信講座も通学講座も試験のポイントを押さえた学習を進めていくことが可能です。これにより、独学の場合と比べて少ない勉強量で、大きな学習効果を得ることができます。

独学ではお金をあまりかけずにマイペースで学習できるメリットはありますが、最悪の場合、たくさんの時間を費やして必死に受験勉強をしていても、出題されないことばかり覚えているという問題が起こり得ます。努力が無駄になってしまい、公務員試験を突破することができないということになりかねません。
通信講座と通学講座では独学より勉強量が少ないということは時間の節約にもなり、この点は仕事で忙しく過ごしているなかで公務員試験対策をする社会人にとって嬉しいことではないでしょうか。

当サイトでは、より詳しく通信講座と通学講座の特徴を解説します。また、公務員試験の社会人講座の選び方に関する情報も提供しますので、興味のある方はチェックしてみてください。